【Twitter】見たくない人のツイートを省く方法

「えっ?! そんなことも知らなかったの?!!」
はい。
全く知りませんでした。

今日は、ツイッターのちょっとしたテクニックをご紹介致します。
8 割方、私自身に向けた備忘録です。
ちょっとだけお付き合い下さい。

私は「tween」という、Windows 向けのツイッターアプリケーションを使用しております。
その tween に、Public Search 機能を使って、「#MH3G」というハッシュタグを監視し、溜め込むように指示しております。
ただ。
単純に「#MH3G」のキーワードだけを設定しておくと、私たちのオフ会に対し、過去にいちゃもんを付けてきた輩のつぶやきや、当日・同駅で開催される別のオフ会に参加するため、私たち側のオフ会には参加しませんというバカ正直なツイッター DM を、平日の朝 04:00 に送り付けて来た常識知らずのつぶやきも読まなければならず、こいつらのつぶやきを見る度に不快な思いをしてきました。
どうしたら私のハッシュタグ検索の TL 上から、こいつらのつぶやきを排除できるのか。
それを悩んできたのですよね。

この問題の解決策として、フォロワーさんからご紹介頂いたのは、ツイッターアプリに付随していることの多い「ミュート」機能を使うこと。
確かに、ミュート機能を有しているツイッターアプリであれば、不快な思いを回避できると思います。
ですが、私が使っているアプリ群(PC および携帯電話)では、ミュート機能がなかったり、ミュート機能があっても有料だったり。
私にとって、ミュート機能は、解決策に至らない存在だったのです。

別のツイッターアプリを使用することも検討しました。
でも、使い慣れたものを変えるのは抵抗がありますよね。
「ここは自分自身のスルースキルを育てよう」
そう、思い込もうともしたのですが、やっぱり、我慢ができませんでした。

そんな感じで、うぅ~ん、うぅ~ん、うなっていた私の所に、解決策が突然降ってきました。
たまたま、私が見ていたツイッター TL 上に、一般の方がこうつぶやいていたのです。

「【定期】~募集中! このツイートを見たくない人は、ハッシュタグに“-定期”とでもつけて回避して下さい」

ん?
これって、Google 検索とかで、「このキーワードは除外する」という時に付ける、あの、“-”(半角ハイフォン)のことか?
・・・・・・・・・!!
これだっ!!!!!

要は、ツイッターアプリのミュート機能を使わず、ツイッター標準の Public Search 機能において、“-”(半角ハイフォン)+除外したいキーワードと定義すれば、自分が除外したいつぶやきを除去して、TL を閲覧できるということなのです。

例えば、冒頭に“【定期】”や“【自動】”という、明らかにボッツが自動出力しているつぶやきを除外したい場合。
Public Search 機能のキーワードには、以下のように定義します。
(例では、#MH3G ハッシュタグを使用しております。)

#MH3G -【定期】 -【自動】

上記定義を tween の Public Search 機能に定義して検索してみた所、見事に、“【定期】”や“【自動】”というキーワードが含まれたつぶやきは除外され、TL が作成されました。
だったら、読みたくもない奴のユーザー ID に対して、この機能を使ってみたら・・・。
ということで、#MH3G ハッシュタグ検索に、以下のような定義をしてみたのです。
(例では、除外したいユーザー ID を dust_user01、dust_user02 と仮定して定義しております。)

#MH3G -dust_user01 -dust_user02

上記キーワードを tween の Public Search 機能に定義してみた所、予想通り、見たくない奴らのつぶやきが完全に排除された TL が、読めるようになりました。

ツイッターを始めてから既に 2 年以上が経っている私ですが、これは、目から鱗が落ちた感じでしたね。
Google などの検索エンジンの観点から考えたら、“-”(半角ハイフォン)+除外キーワードは、常識中の常識な機能です。
このキーワード除外機能がツイッターにも通用するものだとは思いもしませんでした。

皆さまも、私同様、「この人のつぶやきをハッシュタグ検索に引っ掛けたくない」という場合、“-”(半角ハイフォン)+ユーザー ID(除外キーワード)を試してみて下さい。
きっと、幸せなことが起こりますよ!

「キーワード+“ ”(半角スペース)+“-”(半角ハイフォン)+除外したいキーワード」で、素敵なツイッターライフを満喫下さいませ。

【トラックバック URI】

【コメント】

(※)